【美容漫画】よし!やってみるか と自分磨きのモチベーションUP!

広告
エンタメ

この記事では

マンガ「リメイク」について

紹介します

家に居る時間が長くなると

スッピンに部屋着で

近所のコンビニに

出かけちゃったりしますよね

この

「これくらいなら良いか」という

女子力低下問題を解決するのが

マンガ「リメイク」です

 

「リメイク」を読むと

「これくらいなら良いか」という思いは消え

すっぴん部屋着で外に出る事は無くなり

「もっとキレイ・素敵になりたい」

と思えて

女子力・やる気が向上します

1冊95円のDMMコミックレンタル!

主人公「かのこ」は、25歳彼氏ナシの冴えない女子

主人公の「かのこ」は

事務職の派遣社員

上司に言われたことを淡々とこなし

毎日無難に働いています

 

年内5件もの結婚式に出席するほど

周りは結婚ラッシュ

 

久しぶりに鏡に映る

たるんだ

自分の顔や身体を見て

「かのこ」が

「私、大丈夫?」っと

焦りを覚えるところから

漫画は始まります

「かのこ」が

すごくキレイで

お仕事がバリバリ出来る

女性では無く

 

彼氏もいないし

仕事も無難にこなしている

親近感のある女性だからこそ

 

美容部員として成長していく

「かのこ」を応援したくなったり

「自分磨き頑張ろう!」と

モチベーションを上げる事が出来ます

 

よし!やってみるか と自分磨きのモチベーションUP!する漫画

自分磨きのモチベーションUPポイント

「かのこ」が行動する事でキレイになっていく

冴えない「かのこ」が

見せる行動力

読んでいる私にも

やる気を与えてくれます

心の葛藤の末

 

急に派遣の契約を打ち切り

美容の世界に入る「かのこ」

美容部員として

毎晩パックをして

野菜中心の自炊をしたり

行動を起こすことで

だんだんと

冴えない「かのこ」

では無くなっていきます

 

「かのこ」が

悩みながらも

行動する姿を

見ていると

「これくらいは良いか」と

普段なら諦めてしまう事も

「自分も行動したら

何か変わるかも!」

一歩踏み出す勇気をもらえます

メイクでキレイになる事の魅力に気が付く

メイクをする事で

自分に自信が持てたり

気持ちが前向きになったり

メイクの魅力

気が付きました

「キレイになりたい」という一心で

美容部員になった「かのこ」

 

通勤の服装にまで気を配るようになった時

「キレイにしていて、よかった」

と思える出来事があります

 

その姿を見ていると

「私もメイクしっかりやってみようかな」

と思い

 

眉毛サロンに行ったり

アイシャドウの入れ方を

Youtubeで見てみたり

シミ予防の美容液を使い始めるようになりました

 

その結果

旦那が

「肌がツヤツヤでキレイになった」

と褒めてくれました

 

思いもしない旦那のリアクション

でしたが

素直に嬉しく

「私キレイになってるんだ」

自信も持てるようになり

 

もっとキレイになりたい、頑張ろう!

という気持ちが沸いてきました

「私もキレイになりたいと思っていたんだな」

「やっぱりキレイになる事は楽しい」

と気づかせてくれるマンガです

恋のドキドキワクワクが感じられる

やっぱりマンガは

恋のドキドキワクワク

味わえるから

辞められません

かっこいい上司を好きになり

自分に気があるのか?

ただの部下にしか思われていないのか?

ヤキモキする「かのこ」

 

そんな中「元カレ」も登場し

「キレイになった」なんて言われたり

胸キュンするシーンも

しっかりあります

イケメン上司に

食事に誘われたら

期待しちゃうよー!

と「かのこ」に

感情移入して

まるで自分が恋をしているような

ドキドキワクワク

感じてしまいました

日常では

胸キュンする事は

滅多にありませんが

「リメイク」を読めば

簡単に胸キュンが出来て

女子に戻っていました

「リメイク」を読んでモチベーションUP

「かのこ」が行動する事でキレイになっていく

メイクでキレイになる事の楽しさに気が付く

恋のドキドキワクワクが感じられる

「リメイク」

を読むと

 

「かのこ」のように

キレイになりたい!

 

キレイになったら

いつもの毎日が

少し変わるかもしれない!

 

一歩踏み出す勇気をもらえます

私は

子供を寝かしつけた後に

ベッドでゴロゴロしながら

スマホでマンガを読むのが

日課です( *´艸`)

息抜きしつつ、モチベーションも上げながら

毎日やっていきましょう(^^)/

1冊95円のDMMコミックレンタル!

コメント

  1. […] […]