帝王切開に備えて保険に入るべき?実際の自己負担はどれくらい?

広告
家計

妊娠が発覚したのですが、

帝王切開などに備えて

 

保険に入った方が

いいのでしょうか?

 

という質問があったのですが

私は現在妊娠中ですが

 

保険を解約しましたし、

今後入る予定もありません!

 

何故かと言うと

 

実際に調べてみたら、

 

自己負担額も

いくらかの現金で

賄えそう

 

と分かったからです。

 

詳しく説明していきます!

スポンサーリンク

そもそも帝王切開は 保険適応される

そもそも帝王切開は

保険が適応されるので、

 

3割の負担で済むのです。

 

つまり、

 

帝王切開費用が

20万だったとしても

 

3割負担となって

請求金額は約6万円になります。

 

でも、

保険が適応されるのは

 

帝王切開にかかる費用だけ

なので

 

入院中の差額ベッド代などは

含まれません。

保険適応されるのは、帝王切開に必要な治療 の費用のみ!

【保険適応外 の費用】

 

差額ベッド代

(2,000円~×14日ほど)

 

食事代

(日数14日×460円)

 

分娩介助料

(約19万~26万)

 

新生児保育料

(5000円~2万円)

 

検査料・その他

(約1万~3万)

※各項目はおおまかな値段です

つまり、

 

・3割負担分と

(約6万)

 

・↑の項目の費用

(総額約36万)

 

総額42万が

自己負担になる

 

ってことだね!

 

各費用は

病院によってバラつきが

あるかもしれませんが、

 

上手くいけば、

普通分娩よりも安く済み

 

出産育児一時金で

賄える場合もあるみたいです!

出産育児一時金とは?

出産育児一時金

というのは

 

出産をすれば

1児につき42万円を

受け取ることができる

 

制度のことです!

 

・妊娠4か月以上での出産

 

なら、誰でも

受け取ることが出来ます。

 

もちろん

 

通常分娩

・異常分娩

どちらでも利用可能!

 

私も出産の時

この一時金受け取って

出産費用に充てました。

医療費控除も受けられる!

医療費控除というのは、

 

世帯で払った医療費が

1年間で約10万円を超えた際に

利用できる制度です!

 

控除の申請をすることで

 

・還付金がもらえたり

・税金を軽減してくれます

 

医療費控除は

帝王切開だけでなく

 

正常分娩で出産した方も

利用できるので

 

是非

申請してみましょう!

帝王切開が保険適応されるということは…?

帝王切開が保険適応される

ということは、

 

高額療養費制度が

利用できるのです!

 

なので、

 

もし、保険適応されたのに

自己負担額が8万以上に

なっても、

 

高額療養費制度を

利用すれば、

 

自己負担額は

約8万以上にはならない

 

ということ!

(収入による)

つまり

 

慌てて保険に加入して

毎月何千円の保険料を

払う前に、

 

8万円くらいの貯金や

お金に余裕があるのなら

 

急な

帝王切開も怖くない!

ってことだね。

いくらか現金があれば、保険に入らなくても大丈夫!

妊娠・出産って

不安が多くて、

 

少しでも不安を取り除いて

おきたいって思うよね。

 

こんな時に頼りたくなるのが

医療保険。

 

でも今入ってる

健康保険でも

 

不安を取り除ける保障が

充分ある。

 

なるか分からない

帝王切開に備えて

 

月々、

何千円を払う分のお金を

 

生まれた後

子どもと一緒に楽しく過ごす為に

蓄えておく

 

っていうのも

一つの選択肢だよね!

 

安心の得方は

人それぞれかもしれませんが

 

制度を知ることで

得られる安心もあるので

 

焦らず、じっくり調べて

納得のいく安心

 

を得てくださいね♪

家計
広告
なるほど!と思えたらツイートお願いします♪
Power Puff Girlsをフォローする
暮らしに余裕を!

コメント