【本・誰も教えてくれないお金の話】から学ぶ、簡単に家計簿をつける術!

広告
おすすめ本

家計簿をつけることで

収入と支出が把握できる

 

から、

頑張って続けてるんだけど

 

どうしても、レシートが

貯まっちゃって…

 

結局、

未完成になるんだよね…。

 

そんな、

 

・明日やろうタイプさんや

・面倒くさがりな人でも

 

簡単にできて、

すぐに把握できる家計簿術

 

本に書かれていたから

説明するね!

スポンサーリンク

本から学ぶ、簡単に家計簿をつける方法!

参考になったのは

 

マネースクールを運営する

泉正人さんが監修し、

 

イラストレーターの

うだひろえさんが描いた、

 

【誰も教えてくれない

お金の話】

 

という本だよ!

 

 

まずは、レシートをカテゴリー分けする!

家計簿って、

 

レシートを貰う度に

書かなきゃいけない!

 

って

イメージがあるけど…、

 

実は、月に1回

まとめて計算すれば良いの!

 

むしろ、買い物の度に

しなきゃいけないのは

 

カテゴリーに分けて

レシートを保管すること!

 

カテゴリーの例

 

家賃

 

光熱費

 

通信費

 

食費(自炊)

 

外食(お惣菜も)
 

交通費

(ガソリン代・チャージ代・

パーキング代)

 

娯楽費

(遊びに出掛けた時の費用)

 

生活に必要な日用品

 

雑費

(緊急性は無いけど買った小物)

 

服代

 

細かく分けることで

 

どんなことにお金を

使ってるか把握できそうだね!

 

 

問題はどうやって保管するか…

実際に、

カテゴリー分けしようと

思ってるんだけど

 

やっぱり

 

・封筒とか

・ファイル

に分けて保管した方がいいの?

 

でもそれって

カテゴリー分の

ファイルが必要になるよね?

 

確かに、

封筒やファイルは身近だから

用意しやすいけど、

 

レシートを入れる度

棚からだして

封筒に入れて、また終う…

 

ってなると面倒だし

絶対に続かない!

 

だから、

うだひろえさんは

 

出し入れしやすくて

見える化にもつながる方法

 

を生み出していたよ!

 

その名も「家計簿ックス」!

 

場所を取られる

という難点があるけど…

 

何と言っても

出し入れしやすい!

 

それともう一つ、

 

家計を管理するうえで

良い点があるの!

 

それは…↓

 

一目で、お金を使いすぎているカテゴリーが分かる!

 

レシートの量で把握できると

 

月末の計算を待たなくても

 

使いすぎてるな…

って実感して

 

セーブもできそうだね!

 

そして、計算も大体でOK!

貯まったレシートは

月末に計算するんだけど

 

その計算も

 

1円単位まで

細かく計算する必要なし!

 

面倒な人は

10円単位まで切り捨てて

計算してみよう!

 

どんどん

ハードルが下がっていくから

 

私にもできそう

と思えてきたよ♪

 

 

是非、お試しあれ

うだひろえさんの

家計簿ックスは

 

見た目のオシャレ感が

欠けてはしまうけど

 

見える化になってて

続けやすそう!

 

と思ったので

今回紹介させて頂きました!

 

本には、

 

・自分にあった

住宅ローンの組み方

 

・節約のキホン

 

・自分に必要な保険の選び方

 

なども

書かれています!

 

気になる方は是非

読んでみてくださいね♪

 

 

 

コメント