【医療費控除】を申請して10万円分 得をしました!

広告
家計

去年は、

 

・虫垂炎の手術

・親不知抜歯

・皮膚科通い

・不妊治療

 

などで、

たくさん通院してたけど

 

全部でいくらくらい、

医療費を払ったの?

 

 

通院の為の交通費も含めて

 

1年間で、

31万2,886円の医療費を

支払ったよ…。

 

でも、

医療費控除のおかげで

 

1万円返ってきたし、

所得から10万4,886円

を差し引いてくれたから

 

課税所得を

減らすことができたの!

 

課税所得を減らせば、

税金が軽減されるもんね!

 

 

 

医療費控除とは?

医療費控除っていうのは、

 

1年間に支払った

医療費の合計が

 

一定の金額を超える

 

所得から差し引いて

税金の計算をしてくれる

 

制度のこと!

 

つまり、

 

病院代が予想以上に

多くなってしまった…

 

っていう時に

 

申請をすれば、その分

税金を軽減しますよ!

 

という制度って事だね!

 

対象期間は いつからいつまで?

対象になる医療費は

 

その年の1月1日から

12月31日まで

 

支払った医療費が対象だよ!

 

ちなみに、

 

納税者と生計が一緒の

 

配偶者や親族の為に

支払った医療費も対象になるから

 

合算するのも有りって

ことだね!

 

 

その年の1月1日~12月31日までに支払った、医療費が対象になる。(生計が一緒なら配偶者・親族も合算可)

 

どんな医療費が対象?

主な対象は

 

病院や歯科医院の治療費

・治療に必要な薬代

・通院の為の電車やバス代

 

などが対象になるよ!

 

もっと細かく知りたい

って人は

 

↓サイトを参考にしてね!

 

 

逆に、

対象にならない医療費は

↓の表を参考にしてね!

 

対象にならない 医療費

 

・重大な病気が

見つからなかった

人間ドック・健康診断の費用

 

・医師等に対する謝礼

 

・病気予防や健康促進の為の

サプリや漢方代

 

・疲れを癒したり、体調を整えるなどの

治療に関係のない

はり師、きゅう師、柔道整復師による施術費用

 

・家族や親戚に

付き添いを頼んだ時の

添付料名目で支払った費用

 

・自家用車で通院した時のガソリン代や駐車料金
 

・里帰り出産の為に

乗った飛行機代

 

・美容整形費用

 

治療目的でない費用は

対象にならない

 

ってことだね!

 

 

治療目的でも、

 

車のガソリン代や駐車料金は

対象にならない

 

から

注意が必要だよ!

一定の金額とは?

 

対象になる医療費を

かき集めても

 

一定の金額を超えてないと

ダメなんだよね…?

 

その一定の金額って

いくらなの?

 

一定の金額っていうのは

簡単に言えば10万円かな!

 

実際に支払った

合計金額から

 

民間保険からの

給付金額を差し引いて

 

支払った医療費が

10万円以上だったら

 

控除の対象になるよ!

 

 

(支払った医療費の合計-民間保険の給付金)-10万円 = 医療費控除額

 

医療費控除の対象になると 何がどうなる?

控除の金額分、課税所得が減る

実際に医療費控除の対象になり、

控除金額が決まると

 

その控除金額分、

課税所得が減るの!

 

分かりやすいように

私の場合で説明してみるね↓

 

支払った医療費の合計

31万2,886円

 

から、民間保険の給付金を引く

31万2,886円-10万8000円=20万4,886円

 

20万4,886円から10万円引くと 控除額になる

20万4,886円-10万円=10万4,886円

なので、医療費控除額は10万4,886円になる

 

そして、

 

この10万4,886円を

年収から引くと

 

課税所得という

税金を計算する時の

数字になる↓

 

 

年収400万円-10万4,886円=389万5,114円
つまり、年収400万円の場合 課税所得は389万5,114円になるということ

 

この課税所得に

 

税率の

10%や20%がかけられて

税金の額が決まるから

 

課税所得は、

小さい数字の方が良いんだよね!

 

つまり、

控除を申請すると

税金が軽減される

 

ということになるね!

 

所得に応じた金額が払い戻される

もう一つは、

 

控除額によっては

お金が払い戻されることも有る

 

ということ!

 

その貰える金額は

↓の計算式通りだよ。

 

医療費控除額×所得税の税率 = 払い戻される金額

 

 

妹の場合、

所得税の税率は10%だから

 

10,4866×10%

1万486円 の金額が

払い戻されたってことか!

 

自分の所得税率が気になる方は、

 

↓のサイトにある表を

参考にしてみてください♪

 

 

結果:1万円返ってきて10万円分節税できた

医療費控除も申請したことで

400万円以上の年収が

 

250万円以下まで下がり

 

我が家は、

課税所得250万円として

 

税金が計算されるように

なったの!

 

400万円に

10%かけられるのと

 

250万円に

10%かけられるのとでは

 

大分違うもんね!

 

・1年間分の領収書

・パソコン

・年末調整表

 

さえあれば、申請できるし

 

申請書の入力も

 

丁寧に説明されている

動画があったから

 

割と簡単に申請できて

オススメ♪

 

どうせ、少額…。

 

と思わずに

 

積極的に制度を利用していこう!

家計
広告
なるほど!と思えたらツイートお願いします♪
Power Puff Girlsをフォローする
暮らしに余裕を!

コメント

  1. […] […]