【夫婦の財布】別々はデメリットばかり?一緒の方が良い?

広告
家計

 

結婚をすると、夫婦の財布を

・一緒にするか

・別々にするか

って問題になりますよね。

 

 

ちなみに、我が家は夫の希望で

財布は別です!

 

 

同じ専業主婦仲間の 姉家では

 

子供が生まれるタイミングで

 

お財布を一緒にして

旦那も、お小遣い制に!

 

途中から切り替えたみたいですね^^

 

今回はそんな、

2パターンの財布事情や

 

デメリットメリット

ご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

そもそも夫婦の財布が一緒と別々では何が違う?

そもそも、

財布が一緒なのと、別々なのでは

 

夫が

・小遣い制になるか

・ならないか

の違いがあると思います。

 

我が家は、

 

生活費は全部、夫が支払い

 

買い物担当の私は、

 

夫のクレジットカードを

預かり、それで支払う

 

という形です。

 

なので、

家計とは別にそれぞれ

貯金口座があり、

 

個人的な買い物は

すべて自分で払う

 

という制度になっています!

 

なので、私の夫は

お小遣い制ではありません!

 

財布が一緒の我が家だと

夫の給料は

 

全て家計の口座に

入ります。

 

そこから

 

定額のお小遣いを

毎月夫に支給する制度です!

 

なので

家族で遊びに行く時など

 

出費すべて

家計の口座から出します。

 

 

 

財布別々はデメリットばかり?

まずはメリット

 

財布別々の

メリットとしては

 

個人的にコツコツ貯金を

楽しむことができる

 

ということです!

 

いわゆる

へそくりを貯めることができますね(笑)

それに、

自分で稼いだお金を好きに使うことができるのは

とってもストレスフリーになります♪

 

デメリット

 

デメリットとしては、

 

夫が

何にいくら使っているのかが

分からない!

 

ということです。

 

夫がお小遣い制だったら

お小遣いの範囲内の金額で買い物をするけど

個人の貯金がある限り

無駄遣いも減らないなぁ…

と思うことがあります。

もうひとつは、

 

出掛けた時に

これはどっちが払う?

 

と言って曖昧な支払いが

出現することです。

 

例えば、

・各実家の手土産とか

・道中の軽食など

 

夫が払う日もあれば

払わない日もあるので

 

謎の個人出費になってしまう

のが悩みだなぁ。

 

例えば、

・各実家の手土産

・道中の軽食

・不妊治療代

・妊婦検診代

・赤ちゃんグッズなどなど…

夫が払う日もあれば、払わない日もあるので

謎の個人出費扱いになってしまうのは

ちょっとした不満です。。。

 

財布が一緒のメリット・デメリット

メリット

 

財布が一緒だと

 

家計のお金の管理が

しやすくなって、

 

何にどれだけ使っている

っていうのが

一目瞭然になります!

 

そっちこっちの口座から

引っ張りださなくても

一つの口座無いで管理が収まるので

財布が一緒だと

家計の計算がとても楽です!

デメリット

 

お小遣いの範囲内で

収めないといけない

 

っていう

窮屈な感じはあります。

 

どうしても

お小遣いの範囲内に収まらない時は

 

あまり使っていない個人貯金から

仕方なく切り崩す…という感じで

 

プチストレスにはなります。

 

結論!

 

家計をきちんと管理したい!

のであれば…

 

夫婦のお財布は一緒の方が

お金の流れが明確になるのでオススメです!

 

 

ですが、

生活にもお金にも余裕があるのなら

お互いの自由が尊重される

別々制度でも良いと思います。

・お財布事情は一人では決められない事ですし

 

・みんなのやり方が必ずしも

自分たちに合うとも限らないので

この意見を参考に

夫婦で話し合って決めるのが

良いかもしれませんね^^

 

 

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました♪

 

家計
広告
なるほど!と思えたらツイートお願いします♪
Power Puff Girlsをフォローする
暮らしに余裕を!

コメント

  1. […] 【車検】民間整備工場でやったら約5万円得しました! 2021年4月に、 我が家は初めて 民間の整備工場に 車検をお願いしたんだけど 正規のディーラより 約5万円安くなって、 接客も対応も丁寧で 大満足!…shuhu555.com2021.05.11 【夫婦の財布】別々はデメリットばかり?一緒の方が良い? 結婚をすると… […]