金融リテラシーとは? 各年代で身に着けるべき金融リテラシーも解説!

広告
家計

最近、

金融リテラシー

 

って

言葉をよく耳にするけど

 

どういう意味?

リテラシーとは、

 

読み解く能力のこと

を言うから

 

金融リテラシーというのは

 

金融に関する知識や

情報を正しく理解して

判断する能力

 

のことを言うんだよ!

 

詳しく説明するね↓

 

スポンサーリンク

金融リテラシーとは?

↑でも説明した通り

 

お金に関する知識や判断力

 

金融リテラシーと言うの!

 

簡単に言えば

お金に関する知識

ってことだね!

 

でも具体的には

・どういう知識があって

 

私たちには

どれが必要なの?

分かりやすく

年代ごとに説明してみるね↓

各年代で身に着けるべき金融リテラシー!

小学生

例えば小学生だったら

 

・お小遣い

・お年玉

・お手伝い金

という

 

実際にお金を貰える

経験から

 

社会の中で生きていく術を

身に着けると良いんだって!

 

自分で

お小遣い帳をつけて、

 

・工夫して買い物する力

・計画的にお金を貯める力

 

を身に着けるってことか!

中学生

中学生にもなると

買い物の経験も増えてくるから

 

・家計や

・生活設計

 

などについての

理解を深めていき、

 

将来、

どうやったら自立できるか

を考えていくと良いんだって!

 

そう思うと

 

職業体験

 

実際に勤労を体験できる

良い機会だから

 

有意義な物にしないとだね!

高校生

高校生にもなると

 

バイト経験を通して

 

・社会的責任や

・生活設計の重要さ

 

を理解し始めるから

そのタイミングで

 

社会人としての自立方法

を本格的に考え始める

良いんだって!

 

2022年には

資産運用の授業が始まる

から

 

授業を通して、

 

長期的な資金管理の

大切さを理解しよう!

ってことだね!

大学生

大学生にもなると

 

一人暮らしする子が

増えてくるから

 

・仕送り

・学費

・生活費

などの

 

収入と支出を把握したり、

 

クレジットカードは

借金であることを理解し、

 

支払える範囲で

利用する術

 

身に着けておくと

良いんだって!

 

他にも

 

金融商品の

リスクとリターンの理解

 

職業に必要な資格取得

 

卒業後のライフプラン設計

 

など

大学生はやることが

いっぱいだね!

若手社会人

社会人にもなると

 

生活面や経済的に

自立してくるから

 

・定期預金なのか

・積立投資なのか

 

貯蓄行動を定着させたり

 

・公的年金や

・保険

の内容を把握し、

 

必要に応じて

民間の保険・年金への

加入を考えると良いんだって!

 

会社に入社した時点で

 

給料明細の見方や

・内容を把握

 

しておくのも大事だね!

一般社会人

若手時代を過ぎると

 

社会人として自立し

様々な責任を担うから

 

・マイホームや

・子どもの進学

 

などの

ライフイベントについて

知識やノウハウを学び、

資金管理を行ったり

 

家計では、

 

黒字をキープし

貯蓄や投資などの

 

将来に向けた

資産形成を行うと良いんだって!

 

家族が増えたタイミングで

 

加入していた保険や

・固定費

・生活スタイル

 

を見直すのも良いかもね♪

高齢者

高齢者になると

 

・退職したり

・年金生活

が始まるから

 

年金受給額などの

範囲内で暮らせる

 

ライフスタイルに切り替える

と良いんだって!

 

これまで運用していた

金融商品はどうするか

 

など

 

資産管理の方法も

話し合っとくと良いかもね!

 

家庭にも生かそう!

年代ごとに必要な

金融リテラシーを

見てきたけど

 

どれも

自分で調べることが

出来そうだし

 

子供が生まれたら、

 

家庭内の教育にも

生かせそう!

 

まずは興味を持つ

ことが大事だよね。

 

子どもに

金融リテラシーを

教える時にも

 

「どうしたらいいんだろう?」

って考えるきっかけを

 

作ってあげることが

大切かもね!

コメント