【公文パズル ブログ】集中力がない子にはパズルを与えよ!

広告
How To

ここが凄い! 公文のパズル

我が家の息子が

最近ハマっているのが

 

公文のパズル。

1セットの中に

難易度が違うパズルが入っていて

本当に少しづつ難しくなるからか

レゴを途中で「出来ない!」と

投げ出してしまう息子が

すべてやり切ったのです!

 

ゲーム感覚で一緒にやってみる

我が家の公文パズルのやり方は

息子は一番簡単な組み合わせ。

私は一番難しい組み合わせで

よーいどん!でどちらが早くできるか

競い合うゲーム

息子が勝った時には思いっきり悔しがったりすると

凄いでしょ?もう1回やろうよ!っと

何回も勝負することに…!

それなら相手やパズルの組み合わせを変えて

何度でも遊べるね!

同じパズルを何度もやることで

観察力もつくみたいだよ。

その結果…

いつもどこで何をしているか

見えなくても音だけで分かるほど

騒がしい息子が

静かに寝室で何かをしている…

そっとのぞいてみると

なんと…一人で公文パズルをしている!

幼稚園でも落ち着きがないと言われ

集中力のなさが目下の悩みだった我が子が

一人で静かにパズルをしているなんて!

公文のパズルよありがとう(T_T)

こんな工夫も!

 

表は新幹線ですが

裏は数字になっていて

 

両面で遊ぶことが出来ます

数字の勉強にもなるね!

片付けも、

箱が丈夫なので簡単!

本棚に立ててしまう事も出来るので

収納場所にも困りません!

新幹線の背景も四季になっていて

○○君の誕生日は春だね!

とか季節感も学べて

いろんな角度から知識が増やせる

仕組みになってます!

主婦の小言

実際にパズルが出来るようになると

1人で取り組む集中力

最後まで作り上げる達成感

次もやってみようという挑戦心など

パズルっていろんな力が身につくんだなと

しみじみ…。

知育玩具、何が良いかお悩みのお母さん

公文のパズル良いかもしれませんよ!

コメント