【子どもが幸せになることば】パパ・ママ忘れないで!子供と居られる時間は短い

広告
How To

この間、

旦那の平日休みがあって

 

息子は

幼稚園に行き、帰ってきたら

習い事に行ったんだけど、

 

旦那が

 

平日の昼間って

息子くんといる時間

ほとんど無くなったね

 

ちょっと前までは

四六時中一緒だったのに。

 

って言いだして、

 

「息子といられる時間も

あと少しなのかもね」

 

って2人でシミジミしてたの。

 

たしかに

子供の成長って

「あっ」

という間って言うもんね。

 

分かっては居たけど

 

毎日、毎日一緒にいると

ついつい忘れがちで…

 

たまに気が付いて

寂しくなるよ。

 

5歳の息子と一緒に過ごせる時間は、残り…

実際に一緒に居る時間を

計算してみると

 

幼稚園児の今

起きている時間だけを数えると

8時間

 

乳児の頃

24時間全部何をしているか

知っていたのに

 

5歳の今で

8時間に減ったんだから

 

小学生になったら

・友達と遊ぶ時間も

・習い事も増えるだろうし

 

もっともっと減っていくよね。

 

男の子だと

思春期になると

 

「おはよう」

「夕飯何?」

 

しか話さないって

よく聞くしね。

 

今なんて

「ちょっと黙って」って

思うほど喋るのに…

 

そんな時も「あっ」という間に

終わりって事だ。

思い出してほっこり出来る思い出

前回も紹介した

「子どもが幸せになることば」

という本に

 

筆者の田中さん自身の

 

公園で遊んでいる家族を見ると

 

家族みんなでの

最後の公園遊びの思い出

 

今でも思い出されて

「ホッコリ」するという

エピソードが紹介されていて、

 

 

私も、

 

・怒ってばかり

・悩んでばかり

 

の記憶ではなく

楽しい思い出をたくさん作って

 

それを思い出しては

「ほっこり」したいなぁって

思ったんだよね。

無限ではない子供との時間、楽しまなくては損!

時間があると思うと

ついつい

大事なことを忘れちゃう。

 

残り少ない

分かっていれば、

 

怒っている時間

悩んでいる時間も

 

勿体ない!

 

出来る限り楽しい時間を

過ごしたい

って思えるかもね!

 

限りある子供との

貴重な時間、

 

自分が楽しまなきゃもったいない!

 

責任や使命感など

この一瞬は忘れて

 

子どもと過ごすことを

全力で楽しんでみるよ!

 

コメント