なぜ、みんな銀行にお金を預けるのか?

広告
投資

前回のページで、

銀行も投資だという事

 

 

人のお金を使ってるのに

銀行のお礼金(金利)は

少ない!

 

ということに

気づいて…

 

そもそも何で

 

金利の低い銀行に

預けていたのか?

 

って

疑問になったんだよね!

 

今回は

 

なぜ、銀行に預けていたのか

考えてみよう!

 

なぜ、銀行なのか?

銀行の

 

定期預金に

 

お金を預けている人

多いと思うんだけど

 

それって、

親の影響が

大きかったりしない?

 

確かに、お母さんから

 

定期預金をしろ

って言われたなぁ。

 

お母さんが

 

「定期預金しろ」

って妹に言ったのは

 

銀行の金利が7.5の時代

(1974年)があった

 

からだと思うんだよね。

 

金利7.5%ってことは

 

100万円を10年預けたら

175万円になるってこと?

 

この金利なら

「銀行に預けた方が良い!」

って事になるね。

 

そんな、

銀行最強時代

を知ってるから

 

「銀行=お金が増える」

というイメージで

 

今でも、銀行に預けることを

オススメする

 

のかもしれないね。

 

今は、超低金利時代

なんだけどね…。

 

貯金=銀行

が定着したのは

 

昔の高金利の影響がある

ってことだね!

 

そう思うと、

 

親の言う事や昔の考えって

全部正しい訳では無い

 

んだね。

 

正しいか正しくないか

というより、

 

何でも「そうなんだ」

と受け入れずに

 

「何で銀行なの?」

と疑問に思うこと、

 

自分で

勉強して

納得してから始める事が大切

 

だと思う!

 

ここまでの話を聞いてると、

 

銀行ってダメだな~と

思えて来るよ。

 

そうだよね。

でも、銀行は

 

0.001%という低金利

 

だけど

安心でもあるんだよ

 

もちろん、

100%安心という訳では無い

けれど…、

 

銀行にお金を預けておけば

減ることは無い。

 

でも増えない。

 

つまり、

 

「減るリスクは無いよ!

その変わり増えもしないけどね!」

 

これが、銀行ってことかな。

 

ってことは、

 

増えなくていいから

貯めておきたい!

 

人向けってことだね。

そして、銀行と逆の

 

「貯まるし、増えるよ!

でも減るリスクはあるけどね」

 

というのが

株式投資や国債になるの。

 

リスクあっても

増やしたい!

 

って人向けという事か!

 

…となると、

 

リスクよりも安心を取りたい

から

 

みんな銀行に預けるんだね!

 

そういうこと!

なので我が家は

 

【もしもの時の生活費】

(ひと月の生活費×6か月分)

 

は、銀行に預けてるの。

 

こんな風に、安心が必要で

銀行を利用する

人も多いと思う!

 

 

 

 

リスクを負わないとお金も増えない

 

やっぱりお金は

簡単に増えないんだね…。

 

リスクを取って

株などに投資をするか

 

昼も夜も働いて

多くの給料をもらうか

 

ってことになるのか。

 

ちょっと極端だけど…、

まぁ、そうなるね!

 

でも、

自分のお金を

銀行に預けるだけじゃなく

 

自分で運用して増やしたい!

 

って思う人もいるよね。

私みたいに。

 

そんな時こそ、

 

勉強して、知識を得て

運用してみる!

なるほど!

こういうきっかけで

投資を始めるって事も

あるんだね!

 

何があっても対応できる

環境作り

つまりリスク管理

 

が大事になってくるんだね!

 

 

何があっても対応できる

環境

 

だなんて…!

 

そんな環境、

今すぐ手に入れたい!

 

何をすればいいの?

 

 

まずは、

知ることが大事。

 

詳しくは別記事へ…↓

https://shuhu555.com/family-finances/income-and-expenditure/

コメント

  1. […] […]