【健康保険】実は他の保険はいらない!保険証さえあれば世界最強説

広告
How To

よく保険のCMで、

「今の保険で大丈夫ですか?」

って訴えられるけど、

ウチも見直しが必要かな?

って思ったりしませんか?

でもちょっと待って!

きっとあなたは充分すぎるくらい

保険に加入しているはずです!

えっ!ウチの保険内容も知らないのに

何を言っているの?

民間の保険の内容は知りませんが

あなたも多分加入しているであろう健康保険

その内容なら、知っていますよ

3割負担が全てじゃない健康保険

給与から引き落とされている健康保険料。

年金も合わせたら〇万円!これも毎月の支出ですよね。

そんな大きな支出でもある保険、内容把握出来ていますか?

実は病院に行って医療費の負担が3割になるだけじゃないのです!

そうなの!?

確かに、自分で入った医療保険なら

入院したら1日3000円もらえるって事は知ってたけど…。

ちなみに3割になる以外に何があるの?

 

スポンサーリンク

高額療養費制度

病気にかかって入院して

医療費が高額になっても

自己負担する医療費の上限は決まっているという制度です。

大体の人が、高くても

10万円程度の自己負担で済むのです。

詳しくは↓を見てみてください!

傷病手当金

病気やケガで仕事を3日以上休んだ時に

4日目~1年6カ月までなら

平均給与の3分の2

支給してもらえるという制度もあるんです。

これだけの期間があれば

生活を立て直すのには充分だね。

年金にも死亡保障がある

健康保険ではありませんが

同じように給料から自動で引かれている年金も、

いざという時に

お金がもらえるのです!

例えば、

  • 旦那(会社員)
  • 妻(専業主婦)
  • 子供1人
  • ひと月の給与平均 約30万円

の我が家の場合、

もし旦那が死んでしまったら

ひと月13万円、1年間で約157万円

受け取ることが出来るのです。

老後の為だけの制度じゃなかったんだね。

主婦の小言

旦那の給与明細を見て

「健康保険と年金、高っ!」と思っていましたが

急な病気や不幸で

『お金がない!困った』という事にならないよう

国から守られていると

知り、安心しました。

なので、

みなさん安心してください。

生活費を切り詰めてまで

民間の保険に入らなくても大丈夫なのです!

コメント