不妊治療で1番痛かった治療は?リアルな体験レポ!

広告
不妊治療・妊娠

これまでの不妊治療で

 

・様々な検査や

・治療

を受けてきましたが、

 

特に痛かったのは

 

卵管造影検査

・採卵

です!

 

詳しく

お伝えしていきます↓

 

 

不妊治療で痛かった治療は?

卵管造影検査

痛さは

人それぞれかもしれませんが

 

卵管造影検査は

 

「痛い」というより

「不快」という表現の方が

近いかもしれません。

 

何が不快かと言うと、

造影剤が入ってくると

 

・お腹が押される

と言うか、

 

・便を我慢しているのに

押し出されそうになる

 

みたいな感覚でした(笑)

 

造影剤を入れてからも

数分はレントゲン撮影を

されるので動けないのですが

 

「漏れちゃうから、

早くして!!」

っていう気持ちになって

 

個人的には不快でした(笑)

採卵

体外受精の際に行われる

採卵は

 

静脈麻酔をしてくれる

病院もありますが、

 

私が通院する病院は

希望者のみ

という形になっていたので

 

左右7個ずつの

計14個を麻酔無しで

 

採卵したのですが、

痛くて手術室で泣きました(笑)

 

私の場合、

緊張で体に力が入っていた為

 

痛さが

倍増したのかもしれませんが、

 

泣いた瞬間は

卵胞に針が刺さる瞬間が激痛で

 

・チクッ! 程度かな

なんて思っていましたが

 

・ブスッ!と思いっきり刺され

「いたーい!!!」

と涙が溢れました(笑)

 

その後の吸引作業は

 

モニターを見る余裕があったので

大きな痛みは感じなかったですが

 

採卵終了後に

子宮がズキズキして

 

休憩室で寝ることなんて

できませんでした。 

なかでも、1番痛かったのは?

1番痛かったのは

やはり採卵ですね。

 

できることなら

もう二度と受けたくない

という程です。。。

 

でも、

また体外受精となったら

 

覚悟を決めて

採卵するんだろうなぁ

と思います。

 

これから、

検査や治療をする方は

 

こんな体験レポを読んで

恐怖に煽られたかと

思いますが、

 

私の経験上、

 

緊張や不安で体に力が

入れば入るほど

痛さは増したので

 

施術の際は

ゆっくり深呼吸してみて

ください!

 

少しは

リラックスできるかと思います。

 

陰ながら

応援しています!

コメント