アラサー女子が不妊治療を経て妊娠した今、思うこと

広告
不妊治療・妊娠

長年の不妊治療を経て

妊娠することができた私ですが

 

念願の妊婦になった今、

いろいろと思うことがあるので

 

吐き出させてください…!

想像以上につわりがキツイ

これまで、

 

不妊治療や

・手術

など

 

たくさんの痛みや苦しみを

味わい、

経験値を積んできたので

 

「つわりなんて大丈夫!」

なーんて思ってたのですが

 

想像以上にキツかったです。。

 

大好きだった食べ物が

食べられなくなったり

 

当たり前の生活が

出来なくなることって

 

こんなに苦しいんだなと

痛感しました。

あんなに望んでいた妊娠なのに心が折れる時も…

不妊治療中って

とにかく妊娠を望んでいるので

 

「念願の妊婦になれた時は

なんだって頑張れる!!」

 

って思ってたんです…(笑)

 

でも実際

つわりの日々に追われると

 

「しんどい…」

とこぼれる弱音。

 

あんなに

豪語していた私はどこへ?

って感じです(笑)

 

きっと、妊娠を望むことに

全集中しすぎて

 

覚悟が

薄れていたんだろうな…

 

なんて思うこともあります。

妊婦さんへの見方が変わった

不妊治療中は

 

・妊婦さんや

・妊娠報告を聞く度

 

「いいなぁ」

と羨む気持ちだったり

 

妬ましい気持ち

なったこともありましたが

 

いざ、自分が妊婦になると

 

・妊婦さんや

・母親として頑張っている人

への

 

尊敬が止まりません。

 

みんな、

・辛いつわり

・痛い出産を

 

乗り越えたんだなって思うと

私も頑張れる気がします。

 

敵対心を抱いていた妊婦さんが

いつのまにか、

 

一緒に戦う仲間として

見ていることに気づきました。

 

立場が変わると

 

相手の気持ちも

分かったりして

 

いろんな人に

優しくなれる気がするよね。

どちらの立場も分かるのは貴重なこと

不妊治療中は

「何で私だけ…」

 

と思ってましたが

 

妊娠できた今は

 

不妊治療を頑張っている人

・妊婦生活を頑張っている人

 

どちらの立場も

分かるのは貴重だと思えるし、

 

双方の気持ちが分かる分

人に優しくできる気がするので

 

これからは、

 

不妊治療中に抱いた

ブラックな感情を

 

返上する気持ちで

 

頑張っている女性を

応援できたらと思います♪

コメント